マンガアフィリ長期資産作って楽する
ダメな私でもできた
会社にばれない副業

Yukiブログでは
アフィリ攻略法を分かるように説明中。

あなたを稼げるようにしてみせます

Yukiでした また次回お会いしましょう

Yukiブログの中の人 著者紹介

「女性に自由とお金を」著者のYukiです。10円の記事制作から会社員以上の収入へ。それには理由がありました。

女性お金稼ぐガイド


ブログ 女性に自由とお金を

当ブログではアフィリエイトリンクは掲載していません。ご安心ください。

資格取得試験も合格できない私が、アフィリエイトだとうまくいく。

ネットのスキルも「文字が打てるだけ」「マウスクリックしかできないお荷物社員」

コレでも、アフィリエイトは可能性を与えてくれます。

月10万円が30万円、50万円と伸びてく。

総収入だと会社員以上になるでしょう。

あなたでもできるんですよ。

文字が打てるだけで、あとはたいしたスキルも資格もいらない。

ダメな私にできて、
あなたにできないことはない。

現在フリーで開業しています。
届け出を出して
確定申告して納税もしています。

2015年から本格的に独立。
アフィリエイトだけで生活ができています。

私は個人活動なので、外注化はしてません。
年間経費も数万円。
サイト100個も記事を10,000記事も書かないですね。

もっと前から取り組んでしましたが。
長くアフィリエイトで生計立てます。

開業

Yukiこと宮沢勇記

アフィリ収入

収入画像

長期で稼げる証拠画像

2018年でも稼いでいる画像

私の稼ぐジャンル

サイト10数個 月30万円以上1個 他多数
成果報酬サイトアフィリエイト
他ブログ収入

サイトとブログです。ブログでもアクセスを増やす方法が分かれば、稼げます。ジャンルが何かよりは、稼ぐ知識が分かっていることが大切。

組織を作らないで、一人でもできる。
何百万円も使わなくても稼げます。

何年も続けていくことができるんですよ。
それも取り組み方と知識次第です。

個人アフィリエイターもひっそりと活動してるんです。

「稼げない」という人にこそ、
無料ブログ記事や儲筆
見てほしいですね。

何年もの時間をかけて、サイトで稼ぐ方法を研究しました。

楽して儲けるというのは詐欺ではなく、現実に可能だからです。作業量を減らして、収入を増やすこと。


代表作 月10万円以上稼ぐ!

ネットで話題流行の正統派資産作りアフィリで大成功これから大注目のライティング教材決定版 こんなにもらっていいの? ...

今私はネットビジネスで自分のライフスタイルを貫いてます。

時間、場所にとらわれない働き方。
仕事を選んで、自分に合ったプロジェクトをする。

今までのような、
通勤地獄
職場の人間関係
将来の不安

これから開放されました。

ダメ会社をやめ
今の収入は上がりました。

他にもいろいろなサイドビジネスで
不労所得を得ています。

昔の会社勤務の月収20万円を
軽く超えてしまいます。

しかしそれまでにはいくつも苦労がありました。

詐欺教材にだまされる
安いバイトで生活費を稼ぐ
収入ゼロの絶望

在宅ワークで詐欺に合う

アドネットタウンという会社。ご存知でしょうか?

医療事務の教材を30万円で販売していた会社です。

20年以上前のこと、資格取得を目指して教材を購入しました。送られてきたのはCD-ROM数枚とテキスト数冊。

副業としてのレセプト入力、就職を目指して勉強をしていました。

しかし、これも詐欺

高額教材を買わされて仕事もなく、資格取得もできません。仕事の斡旋などを期待したのがバカでした・・・。

副業でもパソコンスキルや資格が必要な時代。

教材を買うためにバイトをするものの、仕事と勉強が両立できずに我慢の日々が続いたのです。

安い仕事を受け続けるか、フリーター人生を送るか、中小企業で就職するかの3つの選択肢が残れたました。

データ入力、ベタ打ちは安くて過酷な仕事。

8時間労働して、日給は5,000円前後。

皿洗いや掃除、品出しのほうが
PCスキルよりもずっと稼げるのです。

日本語ワープロ検定なんて
資格取得するだけ無駄。

コンビニバイトしたほうが
誰でもできて遥かに楽なんです。

オフィスやワード、エクセル知識があっても就職できるかなどは不透明な時代。

ドライバーや軽作業バイトで生活費を稼ぐ。

安すぎるバイトと、
続けても無意味な正社員。

仕事があっても
良い仕事はない。

「このままでいいか」

パソコンでの仕事を探す日々から、転機が訪れます。

アフィリエイト ホリエモンスタイル

インターネットの世界で脚光を浴びていたのが

当時ライブドアの社長だった堀江貴文さんです。

私もネット代節約のため
無料接続のライブドアはよく利用しました。

堀江貴文さん、西村博之さんの
広告収入を軸にしたビジネス。

無料サービスで広告収入を得る。
お客さんに喜んでもらえて、
対価として広告収入を受け取る。

素晴らしい時代と思いました。

アフィリエイトは同じように、
サイト運営でお金をもらう。

副業や在宅ワークを探している人に
これ以上ないくらいの仕事でした。

今でこそ楽天やAmazonアフィリ、
なんでも広告収入がもらえますが、
昔はバリューコマースやA8.net。

2001年頃のアフィリエイトA8.net

2001年A8アフィリエイト

昔のアフィリエイトは
当時は使いにくく、ユーザーには
厳しすぎる世界でした。

堀江さん、ひろゆきさん達の
「法律の穴をぬう」
「楽して儲ける」
「21世紀の働き方」

これを実現するのは
何年も時間がかかったのです。

知識ゼロ
アクセスゼロ
報酬ゼロ

問い合わせてもダメ。
挫折というより絶望。

あなたも経験があるなら
おわかりのはずです。

1年続けて収入は50円。

失望するヒマもなく、
WEBライターの仕事に
活路をみつけようとします。

ライティングの希望

時給、単価が決まっている仕事は
頑張れば稼げます。
ただ超人的な作業能力がいるため
人並みのスキルしかない私には
お小遣い稼ぎにしかなりません。

WEBライティングは誰でもできて
初心者の資格ナシの私には最適。

クラウドソーシングは
ランサーズなどから始めます。

2008年頃のランサーズ

2008年ランサーズクラウドソーシング

単価100円の記事を
毎日20件。
2,000円ですね。

これでは生活保護を受けなくてはいけません。

絶望的な作業を続ける間に、
アフィリエイトのライティングを
嫌でも学習させられていきました。

キーワードやテーマに沿った
ライティング作業。
レビューや体験談。
これはアフィリエイトの記事依頼。
稼げるジャンルがなにか。

安い仕事を請け負っているだけでは
独立して生活するのは夢のまた夢。

人生が変わったのは、
とある教材との出会いでした。

アフィリエイトで稼ぐとは?
ライティングとは?
くじけないメンタルとは?

失敗する人と成功する人の違い。
何年続けても成功出来ないワケ。

それが何かを学びます。

自分でもできる。

これ以降のアフィリエイト収入は
上昇トレンドを続けて
まさに不労所得。

毎日必死にタイピングしていたのが
ウソのように楽になります。

収入が数十倍になる。
サイトを楽しく作れる。
思ったように稼げる。

フリーランスとして開業届も出しました。

今の自分があるのは
ライティングなのです。

WEBサイトの作り方や
ブログの書き方。
売れるコピーライティング。

これで収入は会社員を上回りました。

あなたにもそのノウハウを知ってほしい。

その気持からサイトを立ち上げました。

悪質なことをされても、
私にとっても迷惑でもあります。

良いサイトを作って稼ぐということ。

スーパーアフィリエイターは
自分が楽したいので
安い仕事を発注し続けてます。

こんな奴隷労働から開放されるには、
あなたもライティングがうまくなるしかないんですね。

安い記事作成や
ペラサイト量産や
無料ブログの日記

これでは稼げないんですよ。

何十年続けても、稼げない人は
無収益のボランティア活動なんです。

稼ぐ知識を身に着けてください。
そうすればあなたの思ったような
目標が達成できます。

1万円のお小遣い。
頑張って10万円。
さらに稼いで独立して会社をやめる。

そんなことも可能なんです。

仕事とお金解決策とは

アフィリエイトは仕組みがあります。理解していない人は永遠に稼げないんですね。あなたが初心者ならまずは基本を知っておくと無駄なことをしないです...
お金が欲しいだけなら、バイトやパートで十分。成功すれば、働かなくてもお金が増える仕組みの出来上がり。しかし得られるものはそれだけではありませ...

コメント質問相談

当サイトはリンクフリーです。連絡は必要ありません。

無断転載禁止です。正式な手順を踏んだ引用は認めています。

著者プロフィール

著者紹介インフォプレナー▼著者 Yuki
あきらめかけた人生をアフィリエイトで変える。1000万円を超える収入。私が稼ぐ理由 儲筆こちら
職を転々としてネットで独立。スキルゼロから始めてプロとしてネットのみで生きていく。自由な生活と手にしたことのないお金を得る。

専門としてネットで稼ぐ方法を研究。ビッグワードでSEO上位実績あり。ブログの稼ぎ方、アクセスの増やし方。初心者が稼いでいく秘訣をお教えします。

学力も学歴もワープロ検定もない私がなぜ稼げるのか?ダメな私にできてあなたにできないはずがない。

著者についてはこちら

Yukiでした また次回お会いしましょう