意外ときついパン屋バイトの評判 どこが悪い?

おいしい香りで食欲をそそる。パン好きだし、一度は働いてみたかった。でもこんなことがきついなんて・・・。パン屋のバイトの口コミでは体力や精神的なきつさもありました。具体的にどこがキツイのか紹介します。

 

バイトなんてとっくに辞めましたね。アフィリエイトしているYukiです。会社とうまくいかない人は他の仕事探しをおすすめします

女性お金稼ぐYuki

体験談例

パート正社員稼げない出会いがあるかもと期待してましたが、お年寄りや主婦が多いのでがっかり。


アルバイトきついつらい実例注文の激しいお客がしんどい。接客担当だから笑って対応しないと。笑顔がひきつりそうなくらい細かくてうるさい人がいる


口コミ体験談の例狭いので先輩がいると窮屈。仲が悪いわけじゃないけど神経使ったり気を使うことがつらい


パート正社員稼げないシフトはあまり自由度がない。フリーターだからという理由だと厳しい対応ですね。固定シフトで時間もきっちり守らないと嫌われること


口コミ体験談の例求人情報と時給が違う。昇給もなし。仕事ができないと昇給がない?がんばってても認められないのがきつい


パート正社員稼げない髪型はそれほどうるさくない。女性がネイル注意されたり、男性はヒゲですね。長髪はまとめるように。飲食業だから不衛生はいけません。


会社員副業ベーカリースタッフは裏方なので、まったく会話なしです。おしゃべりしながら仕事したい人には苦痛ですね


口コミ体験談の例レジや品出しは接客業。メニューなど質問もあるし、要求が激しいお客にはつらい。値引き要求がしつこい


パート正社員稼げないパン屋の製造は思ったより大変。手ではこねないですが、焼き窯があると高熱で暑い。火傷してしまってずっと痛い思いをしますね


アルバイトきついつらい実例お昼休憩時間がひどくきつい。持ち帰りだからお客の回転速いけど、製造や接客もひどく速く対応しないといけない


 

楽しい職場に思えましたが苦労話がきついですね。パン好きなだけではつとまらない。私なら在宅ワークで黙々と作業に打ち込めます。

女性お金稼ぐYuki

 

自動で貯金が増えるアフィリエイト

やってみた在宅ワーク一人暮らし

会社辞めた!本音を告白

フリーランスの経費とお金

パン屋バイトよりいい仕事とは

在宅ワークで深夜の仕事
他の仕事のおすすめ評判
作業時間図グラフ
比較の図

アフィリエイトは在宅ワークなので、面接も上下関係もなし。移動時間や拘束時間もないのです。

パン屋のバイトだと、シフトや収入などはきつい。昇給もほとんどなくて、遅刻や欠勤は絶対にいけないのです。きついのは会社の都合に全部合わせないといけないこと。

私が軽作業系のバイト辞めたのもここでした。会社はマニュアルや規則があります。これも会社の気分。上役の嫌いなことがあるから、バイトにまでケチをつけるわけです。

アフィリエイトは自分中心なので、会社から命令や仕事を請け負わない。働きたいときに働けて、休みたいときに休める。バイトだとこういうことは許されません。

収入も驚くほど。それがアフィリエイトの可能性でした。

アフィリエイトくわしくはこちら

 

副業転職お金稼ぐ
月30万目指そう
当ブログでは
アフィリで収入アップ
個人でもできる具体例がわかる
アフィリエイト教材
月いくら欲しい?望む金額稼ぐためには?今の自分を変えていく。解決方法こちら

どこがきつい つらい?

パン屋がきついつらい

  • パンを捏ねたり力がいる
  • 重たいパンの持ち運び
  • 調理器具類も重い
  • お客がひどい 迷惑な注文
  • 職場内のピリピリした人間関係
  • 調理や注文でのミス
  • 忙しすぎて休憩できない
  • メニューが多くて覚えるのがきつい

 

バイトはがんばっても収入や待遇がきついですよね。こんなところがつらい。アフィリエイトだと自分のスタイルでストレスフリーですよ

女性お金稼ぐYuki

肉体労働 力仕事

パン屋は肉体労働

パン屋のバイトは予想よりも力がいります。調理器具が重たい。パンを乗せる台。オーブンへと持ち運ぶのも意外と大変なのです。高いところにあるもの、いくつもパンを持ったりします。

小さいお店だと手でこねるのは比較的ラクです。大きなお店になると、大量のパンの製造が大変。手でこねる手作りパン。これは女性だと手や肩が疲れてきて力が入らなくなってくる。

立ち仕事なので、足腰にも負担がかかります。慣れてこないとアキレス腱から膝、腰にも疲れがきつくなるのです。腱鞘炎になったり、手や肘などもつらくなります。

人間関係 上下関係

人間関係きつい

職人タイプは寡黙で後輩に指導はあまりしないものです。研修制度や先輩の良い指導があればいいですが、パン屋は現場で覚えるのがふつう。

パン屋バイトで研修やみっちり指導を受けたという人はあまりいないものです。先輩の作業を見ていて覚える。きついタイプがいたり、中高年で厳しい指導というお店もあります。

年齢層もきつい。高校生大学生歓迎だと、若い年代ばかり。パン屋は中高年が多い職場なので、価値観や考え方にずれがあります。人間関係の悩みはパン屋でもあるのです。

迷惑なお客がきつい

迷惑な客がつらい

パン屋は接客業なので、どんなにクレーマーでも対応しないといけません。値引き要求。メニューにはない注文。なぜか横柄できつい要求をしてくるお客もいます。

大半のお客はふつうですが、必ず変な人が来ます。外国人だったりシニアだったりいろいろです。前に注文したことで、髪の毛が入っていたとかパンのことでいちゃもんを付けられることもあります。

最近では支払い方法も増えました。スマホの決済や電子マネー払いはできる?レジ係も仕事が増えてきて、難しくてきついのです。

調理のミス

ミス

パン屋のバイトはまず覚えることがいくつかあります。惣菜パンの作り方。独特の製造方法があるもの。デニッシュパンなどとの違い。未経験から始めると、焼き加減などでミスが出やすいものです。

最初はサンドイッチなどの具材をはさんだり、袋詰をしたりと簡単な作業を任されます。スイーツタイプの作り方、10種類以上もメニューが有ると製造手順を覚えるのも一苦労。

ただ窯で焼くだけではないのです。スタバのバイトだったら、出来上がっているパンの調理作業などですが、手作りパンは苦労話がたくさんありました。

忙しいときは大変

パン屋のバイトはその日しだい。なぜかお客さんがたくさん来る日はきついです。連休や休日は繁忙期。これはマックやガストではなくても、忙しくなるものです。

キッチンも忙しくて戦場のようになってきます。お客がたくさん来るお店ほど、社員やバイトの負担は増えるものです。いきなり入ったばかりでも、レジ打ちやきつい仕事を任される。

連休は特に休めない。スケジュールでも自分が休みたいときなのに、休めないのです。学生バイトだと、「辞めれば」などとキツイ言葉を言われる人もいます。

覚えることが多い

覚える事が多い

パン屋さんはメニューが多い。惣菜パンが人気で、スイーツタイプやデニッシュパンも人気です。味付けが違うのでトッピングの仕方も大切です。

キッチンスタッフでは、パンの作り方の違いを理解しないといけません。生地が違うので、まずは先輩のやっていることを覚える。マニュアルはないので、現場でとにかく覚えることです。

作り方は良くても、パン作りは職人芸でもあります。バイトだと調理補助のような仕事を任されますが、そのかわりに清掃や調理器具の取り扱いなどを覚えるのがきついです。

勤務態度や服装

接客業だと服装は注意されます。長過ぎるネイル、派手なアクセサリー、露出度が高すぎる服装などです。男性はヒゲや長髪がいけません。帽子で長髪はまとめられるので、面接落ちはないですが自由はないのです。

業勤務態度も接客では大事です。パン屋でも常連客に逃げられると困るので、接客での対応の仕方は注意されます。レジ係では笑顔や明るい性格も大事でした。

厨房でもフロアでも同じです。暗いタイプの人はうるさく言われる。性格のことで周囲との関係が悪くなります。職場関係は相性。相性が悪いと面接落ちするのがきついです。

バイト仕事辞める
自分だけで仕事ができたら。会社に行かない生活、素晴らしい。詳しくはこちら
タイトルとURLをコピーしました